無料ブログはココログ

« 会計参与として | トップページ | 合同会社設立へ »

いざ 法廷へ!?

いやいや、模擬法廷での話^^。

中央大学市ヶ谷キャンパス内で、とある地裁を再現したという・・まさに本物の裁判所( ・_・;)

何の基準でか不明((^.^; だが、キャスティングとして“書記官”役に任命され、あの何色にも染まらないという意味の黒い法服を着用して書記官席に着席。・・・まさに裁判所の中央に座るわけで、やけに全貌がよく見える・・というか見渡せてしまう。じつに不思議な感覚の初体験(O_O)

シナリオは『法人税更正処分取消請求事件』 ・・・ 要は税務訴訟である。 

原告補佐人として税理士の登場あり。税理士の出廷陳述権の付与の法案が可決されたのがH13年5月。

まさに【論より証拠】。あの独特の雰囲気の法廷で・・・ひるむことなく自身の意見を言い通せる納税者は、どれくらいいるだろうか?相当なストレスである。心労は計り知れないだろう。時間とコストをかけて・・・。

当たり前だが、税務訴訟に至らないで済むのが一番である。

・・・・・・ ********* ・・・・・・ (思案中) 

おのずと、税理士のやるべきことは何か答えは出てくるはず・・・。

しかしそういう場に立たねば、ならなくなったときの為に日々の勉強は欠かせない。知識の量は強力な武器になり助けてくれるはず。(世の中何がいつ起こるかわからない!?)

いずれにしても、間違っても自身が被告席に立つことのないように、緊張感もって戒めなければならない。-.-#

実にいい体験をさせて頂きありがとうございました。今度は本当の裁判傍聴してみたいですね。

« 会計参与として | トップページ | 合同会社設立へ »

税務・会計・経理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201136/15783410

この記事へのトラックバック一覧です: いざ 法廷へ!?:

« 会計参与として | トップページ | 合同会社設立へ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31