無料ブログはココログ

« 新規開業の税理士の強み | トップページ | いざ 法廷へ!? »

会計参与として

昨年の9月に会計参与に就任してから、早10ヶ月。

昨年5月の会社法施行により、弊社では初めての就任。10年間のクライアントとの信頼関係を築き、社長の経営姿勢などでこの会社なら!っとこの重責を受けることにした。

会計参与は、財務担当の取締役である。当然対外的な法的責任を負う。そう簡単に受けてはならない。(+。+)

そもそも『会計参与』の誕生秘話について・・・・(あくまで私見の範疇こえず)

要するに、中小企業の計算書類に対する信頼性があまり高くないことがあるのでは?

でもでもやむを得ない ・・・ だって中小企業の会計は、租税法を基準とした“税務会計”ですから。会社の実態を反映した会計は求められていないわけで・・・それよりも課税上の観点から会計処理を求めているわけで。~~~~~~~~~~~

しかし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そうもいつまでも行かなくなってきたのでは???

グローバルな競争社会、透明性、公正性  ・・取り入れざるを得ない今後の日本社会。

会社法施行から1年経ったわけだが、この会計参与はどれくらいの会計人が就任しているのだろうか???

ちなみに我が町足利で、登記したら就任第1号! と言われちょっとびっくり。

まだまだ 暗中模索状態の会計参与・・・・・当然自分も!!!

« 新規開業の税理士の強み | トップページ | いざ 法廷へ!? »

税務・会計・経理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201136/15736986

この記事へのトラックバック一覧です: 会計参与として:

« 新規開業の税理士の強み | トップページ | いざ 法廷へ!? »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31