無料ブログはココログ

« 今年も無事に巣立って行きました♪ | トップページ | 輝いている人 »

自分に置き換えるという思考で・・

セブン・アイホールディングス・名誉会長のある講演での話しだ。

「会社は大きくなると危ない。私どもの会社もつぶれるかもしれないと思っている」

そして企業が成功するためには『謙虚であること』が何よりも大事であると警告を鳴らした。

また、「理念の大切さと志の大切さ、すなわち人生の軸としての真摯さ」を大切にとも言っている。

更に、特に惹き付けられた言葉として

「お客様は来てくださらないものであり、

お取引先は売ってくださらないものであり、

銀行は貸してくださらないもの 

である。

だからおかげさまで、という感謝の気持ちがなくなれば、

会社は終わりだ。

いくらもうかるか、という金銭の物差しだけで商売をすることは

大きな間違いだ。」

::::::     ::::::    ::::::   ::::::   ::::::

話題はちょっと変わり・・・

今回の金融危機をどうとらえるか考えてみたい。

株主中心の米国資本主義から、顧客・社員を大切にする経営へ変わりつつあるのではないだろうか。

もっと利益を!

もっとお金を!

際限のない欲望にとらわれてしまった事が原因ではと感じています。

自分が顧客の立場で言うなら、相手がどんな大企業だろうが、零細企業だろうが関係ない。

自分という客は、この企業にとっての顧客として大切にされているのか・・・という視点だと思う。たかだか顧客の一人に過ぎないと感じた瞬間に、あっさりと去っていくものである。

顧客満足とは、企業側論理(効率化、短期的利益の追求)でなく、いかに顧客の身になって捉えられるかだと思う。

自分ならこうしてもらいたい!

自分の為に、こうやってくれたのだからわかってあげよう!

と無意識のうちの顧客との信頼関係が生まれると思うのだが。

顧客は、自分だけをみてもらいたいのである。

顧客目線というが、それもある意味では企業側からの目線である。

いくらどんな立派なスローガンを掲げても

要は、【顧客がどう感じ、どう受け止めるか】 というだけなのではないだろうか。

そこに理屈はない。シンプルなのだ。

人と人。

温度差はある程度、直感でわかるものである。

大手もあっさり潰れるじだいである。

従来の、大手ブランドという威力はさほどない。

“成果主義・効率化優先”の代償は結構深い。

にほんブログ村 士業ブログへ ランキングに参加しています。クリックして頂けると明日の更新の励みになります。

« 今年も無事に巣立って行きました♪ | トップページ | 輝いている人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経営」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。
 大きくなると危うくなる。。。わかるような気がします。
 上部から末端まで同じく当事者意識をもって、同じ理念で
行ければ発展すると思いますが難しいですよね。

 社員たちに大切にされてる事が伝わるかが
大切かもしれません。「親の心。。。」ではありませんが課題ですね。

 「こいつ客を大切にしていないな」と少しカチンときた薬量販店の店員に挑んだことがあります。(笑)

 逆に「あなたのことを信頼してます。教えてください。」という態度で接すると、ころっと態度が変わって最後は笑顔でサービスもしてくれました。
 怒りでわざわざ別の店に行かなくてすみました。私の勝ちでした。(笑)

 まあこれは特殊な例で、客に親身に接しない商売をしている企業は、実際は客は減っていくと思います。

草次郎さん こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。
嬉しいです!

>あなたのことを信頼してます。教えてください。」という態度で
草次郎さん!あなたの勝ちですっ!!(笑)
人を使うのが上手だと思います。

【信頼しています。教えてください】と言われたら
もう降参状態ですよね。
高飛車な姿勢じゃ・・・貴重な情報も何も入ってきませんものね。

とても参考になりました。
ありがとうございます♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201136/45288654

この記事へのトラックバック一覧です: 自分に置き換えるという思考で・・:

« 今年も無事に巣立って行きました♪ | トップページ | 輝いている人 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31