無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

5周年☆

おかげさま 本当に おかげさま。

おかげさまで、本日 当事務所は、何とか無事に??丸5周年を迎えることができました。明日からは6年目に入ります!

45歳で開業して、多くのみなさまに支えていただいたから今日という日が在ります。すべては今日のこの幸せを味わうためにあったのだと勝手にシンクロニシティを感じております。

時の経つのは 本当に早いものですね~。

私は人に恵まれています。いい方が集まってきて下さる。この5年間、未熟な私を、人として成長させて頂けたのは、こういう方々のおかげだと思います。心から感謝しなければなりません。

いろいろな気づきを学び、小さな事に気づいて、ひとつひとつを積み重ねていくことの大切さ。

今でもまだ道に迷いながら、途中で何度も転んでは起きあがりの日々ですが(汗)これからも私の人生を大切に生きていきたいと思います。

幸せな5年間を過ごさせていただき、ありがとうございます。

今日の幸せを明日へ。

heart02事務所のシクラメンが、とてもきれいに咲いていることが嬉しい今日の私です(^_^;)

税理士という仕事を通じて・・・

勤労感謝の日も、お仕事pencilです。いいお天気sunで、気持ちいいですよね~。

相続のお客様のお宅に お邪魔させていただきました。ご依頼が、相続事案の場合は相続人様がお休みの日にということになりますので、土日、祝祭日という日になります。

今回の相続人様は、まさに私と同年代。

何年も前から、お付き合いさせていただいておりますので ご家族関係なども含めまして、よく存じ上げております。お若くして嫁がれ、ご主人とともに子育てを終え、既に自身のご両親を看取り、同居の嫁ぎ先のご両親もこれで看取ったことになりました。

同世代とはいえ、私なんかとは比較にならぬ様々な苦労を重ねてきてこられたことと思います。人情味厚く人の世話が好きで・・・・フランクな人柄 いつも明るくて周囲を和ませることができる・・・・感じがよい素敵な女性です。

人より若くして苦労した(でも本人はそう思っていないでしょう)分、これからお二人でゆっくり過ごせるでしょうね。

人には遅かれ早かれ、必ず通過しなければならない道があるのですよね。税理士という仕事を通じて、人から学ばさせていただける。ありがたいことだと思っています。

もうそんな年になったのだなぁ。。。。。としみじみ感じるこの頃です。

いいとこあるじゃん!

遠巻きに、人の評価って耳に入ってくるものです。

自身の至らなかった部分を素直に謝れる人って、魅力あります。なかなか面と向かっては言えなかったのでしょう。勇気を出したのですね。

見直しました~\(^^)/heart02

よかった~思っていた通りのそういう人で^^

疑問を持つことから・・・

「これは・・・・・これこれ・・・・・こうですので・・・・こういう結論です」「そういうものです」と言われて「はい そうですよね」と頷けないケースってありますよね。

事を早く解決して先に進みたいという気持ち・・・・よーくわかるんですけれどもね。

本当にそうなのかな~~~と思って まずは疑ってみます。

ちょっと待てよ!自分のアタマでよーく考えてみよう!

心にある種の余力がないと、こういった気持ちにはなれません。

一時立ち止まってみる。長い人生の中で見たらたいした時間じゃありません。自身を落ち着かせるのです。

急がない 慌てない 急がば回れ   ですかね(^^)

いい遺言の日に・・・

大切な友人のお父様が、亡くなりました。

末っ子でありながら、ご自宅でご両親と同居され、自身も働きながら、お母様の在宅介護を続け、数年前に先にお母様を看取られました。

そしてお父様。現役時代はワンマン経営者であったせいでしょうか、病に伏してからも口の方は達者そのものであったようです。

もちろんご兄弟のサポートはあった事でしょうが、それでも殆どは彼女の肩にのしかかっていました。

仕事、お父様の日常の介護と体も疲れ切ってしまって、さすがに精神的にもまいってしまったのでしょう。彼女もつい感情的になってしまうこともあったと言っていました。

こうした生活が、数年間続いたそうです。

そして・・・病院のベッドで最期のときを迎えたときに、『今までありがとうな』と言ってくれたそうです。ありがとうなんて言える人ではなかっただけに、今までの苦労が一気に吹っ飛んだよって子どもの頃の無邪気な笑顔で、後で私に話してくれました。

こういう感謝の気持ちを一言、たった一言でいいんです。どんなに救われることか。創業した自身の会社や財産を残すことも大事でしょう。

遺言を遺される場合、感謝の言葉を入れて差し上げてください。たった一言でいいんです。

とても大切な事だと思います。

彼女は、今お父様が遺してくれた最期の言葉を、心の支えにとても頑張っています。

今日は、遺言の日だそうでこんなエピソードを書かせて頂きました。

冬の準備

立冬を過ぎたとたんに 冷えてきましたね。やはり暦通りになりましたね♪

そろそろ 寒さ対策も準備しておかないといけませんよね~

今年はやはりエコロジーと思いまして、今年は、“湯たんぽ”をオフィスでフル活用しようと思いま~す(^^) これはいいですね~~最高です。

ぬくぬくした自然の暖かさで、心も体もほんわかしてきますもんね~sleepy(幸せの眠りに入りそう)

お値段もお手頃だし、暖房器具使うより電気代も助かるし~ヽ(^o^)丿(コレ本音)(爆)

他には、やっぱり“貼るカイロ”ですね♪定番の♪

冷え症解消には、血のめぐりをよくする筋肉運動も欠かせませんね~。毎日少しずつやっていくうちにいつしか習慣になってきました。よい姿勢も心がけておきたいですね~。

もちろん、ヒートテックとかタイツとか、ふくはぎを冷やさないようにレッグウォーマーも大切。

事務所では、他には見せられない完全防備な姿です(汗)

信じた道を歩む・・・読書の秋に

最近 読んだ本です。

       

すごくよかったです。何回でも読んでみたい一冊です。わかりやすい言葉で、語りかけるように。優しさと強さが伝わってきます。仕事術、生き方の真髄をついていると思います。

何かが忘れさられ、今後も軽視されていくであろう何か・・・。

その何か・・・・それは読者によって様々だと思います。ご自身でお読みになって得るものでしょう。

その何かに気づくことが大切なんだと思いました。

きっと経営のヒントになると思います。人として生きるということにも。

私の性格

最近、『対等な人間関係』とは何だろうな~と考えさせられる出来事がありました。上下関係、力関係からくる支配する側の人間、被支配側の人間。程度の差こそあれど案外身近に潜んでいるものです。

周囲に起こったそんな出来事から、ふと自分の性格と向き合ってみようと思いました。

世間的には、自信満々(悪く言えば傲慢)で自分が一番!的に思われているかもしれませんが、正反対なんです。信じてはもらえないかもしれませんが・・・・。

実際の私は、弱気でいつもビクビクしていて 自分に自信がないんです。そしてたぶん自分を認めていないのだと思います。グズグズしていてダメな人間です。しかしそう周囲に言ってもなかなか理解してもらえません。

ですので、私の性格からくる問題点、こうされたら私の身には、とても辛くなる事、そしてこうしてもらいたい・・を書きます。(ワガママなのはよくわかっています)

・キツイ言葉をかけられる。罵倒される。
  実はとても繊細なんです。ただでさえ自分に自信がないんです。自分を支えられなくなります。優しい言葉をたくさんください。ほんの少しでも私に自信を持たせてください。

・私の話をじっと聞いてください。
 これは親しい間柄の人だけかもしれません。大丈夫だよって励ましてほしい。

・悪い意味で、空気を読みすぎてしまいます。待っているしかできない性格です。
 相手の事を気にしすぎてしまいます。自分を無くしてでも周囲の事に気を配ってしまいます。きっと相手は迷惑なんじゃないか、そうしてほしいとは思っていないんじゃないかと思い、引いてしまいます。だから積極的に事務所の営業ができないんです。(ここはかなりヤバイとは思っているのですが・・・)

ある段階までは、自分をコントロールすることでどうにかなりますが、根本的に性格は変わるものではないでしょう。

こういう性格が、すべて悪いわけでもないと思います。いいところもあるはずだとも思っています。自分で言うのもどうかと思いますが結構優しい(優しすぎるかな?)性格だと思います。

で、ここからが私の結論的なことなのですが・・・

いつも周囲のことを気にしたり、合わせたりしてばかりしてきました。自分の意思とは正反対なのに。でも結局は後で後悔するんです。そのことに固執する自分がいる。なんで自分はこうなんだと言えなかったのかと。こういった事が自分に自信がない、自分を認めていないことにつながっているじゃないかとも思っています。

『自分の意思で動くこと』

そして・・・『私といっしょにいることをあまり望んでいない』人とは、ある距離をおかなければいけないのだと強く思いました。その人のことを好きであっても、つらいことですが・・・。

なぜなら そういう人といるともともと自分に自信がないのに、ますます自信がなくなってしまい自分が壊れてしまいそうな気がするからです。輝くこともできない。

これからの私の人生『自分らしく、そしてプライドを持って生きる』ために。これからも税理士として生きていくために。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31