無料ブログはココログ

経済・政治・国際

歴史的な日

2009年(平成21年)9月16日(水)

ついにこの日が来た。歴史に残る日になった。

長期にわたった自民党政権にピリオドが打たれた。

日本にもやっと政権交代の日が来たか。

歴史の幕開けとも言える。

祖父が初代の総裁を務めた“自民党”を離党した孫が、新しい扉を開いた。

何とも言えぬ運命、感慨深いものを感じる。

新しい何かが始まるときは、ウキウキする。

政治や世の中に対する『変化』に対する期待が高まる。

しかし・・・・

これからは、企業も個人も『自立』がキーワードになる気がしている。

上手く言えないが

政治に何でもかんでもお願いしやってもらう時代ではないのではないだろうか?

前政権にて、その〈限界〉というものをまざまざと見せつけられたように思う。

企業も個人も、色々な意味で方向転換が必要な時だと思う。

決して容易な事ではないが、気づく事が大事。

政権交代・・・・今までよりも、より厳しい時代の幕開けである。

一寸先は明るい未来が待ってますsign03闇ではありません。

(しっかし・・・人生どう転がるかわからないものです~)

これからどうなるか・・・とても面白い時代でもありますね。

おごらず謙虚にチャンスを掴みに行きましょう。

自分に置き換えるという思考で・・

セブン・アイホールディングス・名誉会長のある講演での話しだ。

「会社は大きくなると危ない。私どもの会社もつぶれるかもしれないと思っている」

そして企業が成功するためには『謙虚であること』が何よりも大事であると警告を鳴らした。

また、「理念の大切さと志の大切さ、すなわち人生の軸としての真摯さ」を大切にとも言っている。

更に、特に惹き付けられた言葉として

「お客様は来てくださらないものであり、

お取引先は売ってくださらないものであり、

銀行は貸してくださらないもの 

である。

だからおかげさまで、という感謝の気持ちがなくなれば、

会社は終わりだ。

いくらもうかるか、という金銭の物差しだけで商売をすることは

大きな間違いだ。」

::::::     ::::::    ::::::   ::::::   ::::::

話題はちょっと変わり・・・

今回の金融危機をどうとらえるか考えてみたい。

株主中心の米国資本主義から、顧客・社員を大切にする経営へ変わりつつあるのではないだろうか。

もっと利益を!

もっとお金を!

際限のない欲望にとらわれてしまった事が原因ではと感じています。

自分が顧客の立場で言うなら、相手がどんな大企業だろうが、零細企業だろうが関係ない。

自分という客は、この企業にとっての顧客として大切にされているのか・・・という視点だと思う。たかだか顧客の一人に過ぎないと感じた瞬間に、あっさりと去っていくものである。

顧客満足とは、企業側論理(効率化、短期的利益の追求)でなく、いかに顧客の身になって捉えられるかだと思う。

自分ならこうしてもらいたい!

自分の為に、こうやってくれたのだからわかってあげよう!

と無意識のうちの顧客との信頼関係が生まれると思うのだが。

顧客は、自分だけをみてもらいたいのである。

顧客目線というが、それもある意味では企業側からの目線である。

いくらどんな立派なスローガンを掲げても

要は、【顧客がどう感じ、どう受け止めるか】 というだけなのではないだろうか。

そこに理屈はない。シンプルなのだ。

人と人。

温度差はある程度、直感でわかるものである。

大手もあっさり潰れるじだいである。

従来の、大手ブランドという威力はさほどない。

“成果主義・効率化優先”の代償は結構深い。

にほんブログ村 士業ブログへ ランキングに参加しています。クリックして頂けると明日の更新の励みになります。

年金について

年金に関する記事が、とある新聞に掲載されていた。

『不況で、人件費を削減したい企業が育児休業中の女性正社員を解雇したり、非正規社員にする「育休切り」が顕在化している・・・・・(続く)・・・・(途中割愛)・・・

・・・・以前は正社員で働く夫と家事育児介護をする専業主婦がモデルだった。しかし正社員の夫が失業するかもしれないし、非正規労働者となって十分な収入が得られない夫は増えている。夫婦が共に働くことがモデルになりつつあるのに、そうした変化に企業や社会が対応できていない。』

っと更に続き、

正社員の夫が、希望退職者の募集に応募したという女性の話しを載せている。

その夫は次の就職先が見つからず自営業になるとのこと。

夫が正社員なら妻の年金保険料を払わなくても良かったが、自営業となると妻も払わなければならない。

その妻曰わく、『妻が保険料を払わなくても将来に年金がもらえるのはよい制度だと思っていたが、夫が正社員でなくなった途端に払わなくちゃいけないなんて』。と制度の矛盾に初めて気が付きがく然としたという。   

(夫が専業主婦の妻の分の保険料を負担してるわけではありません。夫は夫のぶんだけです。ここが問題!毎年厚生年金の保険料がじわじわ上がっているのをご存じですか!保険料率だけでなく、こういった不公平な部分を見直そうという議論がなぜ出てこないのか不思議です。)       

   2_1544_2 可愛い~♪

現状を知るって大事!

私もこのカラクリを知ってがく然としましたから!

妻は専業主婦という旧来のモデルを守る現行の年金制度・・・耐用年数がとっくに過ぎてはいないでしょうか?

年金の問題は、根が深いです。

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように

末期症状?

こんばんは~(^^)。

早いものでして・・・新緑の季節到来!と喜び一杯の5月も終わりに近づきましたね~!ようやく一区切りの感です。

そして・・・好物のアイスクリームで、脳の栄養補給バッチリの女性税理士masamiです。私の疲労回復方法のひとつです。

疲れが一気に吹っ飛ぶ感じなのですよね~。だからいつも自宅の冷蔵庫には何かしらのアイスクリームが入ってますhappy01

 

     2_1559 (カーネーションも今は色々な種類がありますね)

さて話題は変わりますが

昨日の党首討論・・・ご覧になりましたか~?

ここまできたか~というのが正直な感想であります。

(アル程度想定はしておりましたが・・・)

しかし・・・少々ヒドイとは思いませんか?揚げ足取りばかりが目立ち・・・なんじゃこれはって感じが。情けない。

そもそも党首討論って何のためにあるのですかね。

議論になってない。

選挙も近いこともあるのでしょうが、国民の目ばかりを気にしているようで。パフォーマンス的な面ばかりが強調されている気がしてなりません。

これって政治に限ったことでもないような気もしています。

人気取り・・・より、問題の本質で・・・、勝負を!!

色々世の中・・・お粗末な事ばかりですね。

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように

『消費』と『投資』と『浪費』

今、話題の人・・・勝間和代さん。公認会計士かつ経済評論家でもある。彼女の出す本も爆発的な売上をあげているようですね。

その勝間さんが、前回のサンプロ(テレビ朝日、田原総一郎司会の毎週日曜日の午前10時から放映されている番組)で出演していたのを見た。

彼女によると・・

時間は、『消費』と『投資』に分けられるという。

投資というのは想像できるが、消費と浪費の違いは?との質問に対して、消費は報酬とかで自身に返ってくるが、浪費はそれが無いとのこと。ただのムダな時間という事らしい。

(なるほど。。。。わかりやすい説明だけれど・・・)

経済評論家らしい分析だ。時は金なりというわけですね。

っで、、、、自分に置き換えて見ますと・・・浪費の時間が、格段多いような気がbearing

でも、この『浪費』の時間が、ビジネスにとっても、人生においてもとっても役立つ時があると思うのですけれども~(*_*)

何が投資で、消費か浪費かは ・・・人それぞれですし、生き方の問題でもありますよね☆

PS:でも彼女は、問題解決能力をつけるために『考える』癖をつける事の重要性を教えてくれた。

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように

劇的な日!(^^)!

足利市もまだ捨てたもんじゃない!団体や産業・経済界や地元県議の応援ない、そして数人の市議の応援しかなかった・・・人が3度目の挑戦で市長に初当選した。

スゴイことです!マジでこれって。

そして40代の若さ。

コツコツと市民の草の根運動で、、、、諦めずに、、、孤独の中よく頑張ったと思う。

対抗馬には、本来なら相手にならないくらいの大応援団がついていた。田舎では特にその力を発揮する従来型の典型的な『組織型選挙』を展開していた。

個人の意見が反映しない組織型選挙には、私はずっと疑問に思ってきた。自分たちだけの団体に利益があればそれでいいのかと?

まだまだ足利市もどうにかなる!足利市全体がよくなればいい!

足利市にとって、画期的な歴史に残る日になった。

チェンジ!!!そして取り戻そう活気ある町を!!!市民みんなの手で!!!やればできる!!!

栃木県出身の衆議院議員の渡辺喜美氏も、何度も足利市入りしての応援だった。

(やっぱりコツコツ努力する姿・・・は強い!どこかで人は見ているものだ。)

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように

☆星の綺麗な夜ですね・・・希望の星であってほしい

ふと見上げてみると、夜空にたくさんの☆星が輝いています。なんてキレイなのでしょうdiamond

まるでダイヤモンドをちりばめたみたいに光っていますよ~。思わず口ずさんでしまいました。“見上げてごらん~夜の星を~♪”

地球って素晴らしいですねmist

:::::: :::::: ::::::: ::::::: :::::::

突然ですが・・・

市長選挙を控えた市民として一言。

今回は本当に、足利市が変わるか、変われるかの瀬戸際の選挙だと思います。

人口減少社会を迎え、経済を巡る環境は大きく変わっていくはずです。変化をしないでいいわけがありません。それに足利市全体が、どこか元気がなくなっているようにも感じます。

山あり、川あり、歴史ありと良い町なのに。どこか自信を持って誇れない。なぜ???

このまま、足利市は大丈夫なのだろうか?

こんな時に必要なトップの能力とは、従来の行政経験だろうか?既述したが、従来とは大きく環境が変わっていくわけで過去の手腕や過去の成功事例がどれほど役立つのだろうか?

私が思うに、こういった時勢に必要な行政のリーダーとは、市民の輪に入り、市民の声をきちんと聞き、市民が気軽に参加できる政治を作り出すことのできる人だと思う。行政のリーダーは市民みんなで支えるんだと思わせることのできる人。

市民ひとりひとりが、市政に『危機意識』をもって、参加しなければいけない。

団体や企業などばかりへ目を向けるのでなく、足利市をみんなの足利市にしていこうと、市全体のことを優先に考えてもらえる人に。市民がもっと身近に政治を感じられて、行動力のある人に。

本当にそういった熱い志があれば、市民はきっとついていくと思う。今の市の財政を考えれば行政改革を成し遂げてもらえれば、多少の負担も仕方ないだろうと思う。

市民が足利市民であることを誇りに感じられ、やればできるんだと思わせてくれる人に私は投票したいと思う。

市民の目線にたった市政をお願いします!そうでなければ活力ある町づくり、地元の活性化は難しいのでは。

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように

オバマ世代の一人として

すごい国である。というよりさすがアメリカである。歴史を塗り替えられる国なのだ。

米国史上初の黒人大統領が誕生した。47歳という若さ。足元にも及ばぬが私も同い年。

経験不足とも揶揄された国政1期目でありながらの当選。しかし実力者ヒラリークリントン氏との指名争いでますます力をつけたように思う。

情熱的で、わかりやすい演説に人々は感激し癒されたという。

決して恵まれた生い立ちでなく、人種差別というそこ知れぬ奥深さとの苦悩との闘いが原点であるという。

これまでの「常識」と「前例」を覆す型破りなスタイル。

米国の人々に夢と希望を与えた。

1961年生まれ。日本のオバマ世代はどうだろう。

自分も含めてだがあまり変化を恐れない世代かもしれない。幼少からどんどん形あるものが変化した中で育ってきた。そのスピードの速さを身をもって経験した世代である。

ふと思った。

悶々とした今の日本。私には、変化を恐れているようにも見えてしまう今の政治だが・・・

にほんブログ村 士業ブログへ 宜しかったらポチして頂けると嬉しいです(^^)応援して下さる皆さんがいつも笑顔で過ごせますように。

『知的資産』

いつもご覧頂きありがとうございます。

早いもので今日は立冬。でもポカポカの秋晴れみたいです。ただ乾燥してますので注意したいものです。

       2_482

  (近くの葉っぱを撮ってみました。1日に撮ったものです。)

『知的資産』ってご存知ですか?新しい言葉かもしれません。

知的資産とは ・・・ 企業における競争力の源泉のことです。人材、技術、技能、知的財産(特許・ブランド等)、組織力、経営理念、顧客とのネットワーク等、財務諸表には表れてこない目に見えにくい経営資源の総称を言います。

企業数・人口は長期的に減少傾向にあります。

このような時代においては、従来のような「量の拡大」による業績向上は難しくなっており、「質の向上」による差別化こそが、個別企業の未来の運命を決定するものと思っています。

知的資産は企業価値を生み出す源泉ではありますが多くの場合、それ自体に交換価値があるわけではないこと、また知的資産のすべてを企業が必ずしも所有・支配しているとはいえないことに留意が必要です。

※知的資産の分類

①人的資産(イノベーション能力、想像力、ノウハウ、経験、モチベーションetc)

②構造資産(組織の柔軟性、データベース、システム、手続き、文化etc)

③関係資産(イメージ、顧客ロイヤリティ、顧客満足度、金融機関への交渉力etc)

次回は知的資産経営について乞うご期待。

◆11/17(土)「TKC経営革新セミナー2007in足利!」
http://sakamaki.air-nifty.com/blog/2007/10/tkcin_ba20.html

にほんブログ村 士業ブログへ  ← 昨夜はエステでリフレッシュしてきました。 ぽちっと皆様の応援のワンクリックをお願いしま~す(^^(現在3位。)ありがとうございました♪(いつも応援して下さる方感謝で一杯です)

埼玉からGOODな便り

いつもお寄り頂きありがとうございます。今朝はよく寄らせて頂く方のブログhttp://flowernote.exblog.jp/で教えて頂いた「気の呼吸法」をやってみました。

“きちんと正しい姿勢でゆっくりと息をはいて、またゆっくりと吸う。”12カウントだそうです。
この呼吸法を続けていくと、免疫力が高まり、病気の方が逃げていくとか。”

これは!と思い始めて2日目ですが・・・・12カウントはキビシイ(>_<)ヽ

吸うほうは8か9カウントあたりでストップ状態に。。。。なんとか10になるまで続けようと思います。

                  2_472    

(前々回にご紹介したアンティークのお店で。オンリーワンものは良いわ~)

◆    ◆    ◆    ◆    ◆    ◆    ◆

嬉しいニュースです!埼玉県からセミナーのお申し込みを頂いたのです~~ヾ(^v^)k

しかも懇親会も!宿泊までしてもいらして頂けるなんて・・・・・感激で一杯。

お会いするのが楽しみです。【志友の輪】をどんどん拡げて皆さんのビジネスに役立ってほしい。ビジネスチャンスのヒントはどこにあるかわからないし、人との出会い次第。貪欲に掴みにいきましょう!

自分のいつものエリアから一歩出て見ましょうよ。

あなたの心ひとつ ・・・ すべては。

私は今、大変なこの時期にビジネスを成長させている方を研究しています。

何が何処が違うのだろう・・・・

我が栃木県足利市近隣にいるのです。そんな方が!私じっと観察させて頂いております。

まずそういう方は【言動】より【行動】が先に行ってます。行動しながら考える。そんな姿勢の経営者です。魅力的ですね・・・このような方に近づきたいとは思いませんか?

私の事務所が主催する初セミナー、経営者に限らず生きるヒントを得られるはずです。

特別ゲスト講師に倒産・病を克服し二度活き返った著名な経営コンサルタントをお迎えします!

正直ばん先生のことは全く存じ上げていませんでした。初めて講演を聞いて衝撃と感動で一杯になってしまい、終了後いの一番に自らの名刺を持ってご挨拶しに行ったのがばん先生との出会いの一幕です。

私も活魂・考動・志友が拡がりつつある一人です。
栃木・群馬・埼玉の経営者の皆さん・・・共に志友の輪を拡げましょう!あなたのご参加をお待ちしています!一歩踏み出しましょう。

情報は、与えられるものではなく取りにいくもの。

何もしなければそれまでだから・・・・人生もビジネスも

扉を叩いてみなければ、そこからあとの世界は見えない。

もうひと花咲かせてみましょうよ!

◆11/17(土)「TKC経営革新セミナー2007in足利!」
http://sakamaki.air-nifty.com/blog/2007/10/tkcin_ba20.html

にほんブログ村 士業ブログへ  ← 参加しています!ぽちっと皆様の応援のワンクリックをお願いします(^^(現在2位。)ありがとうございました♪(いつも応援して下さる方感謝で一杯です)

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31